タイ

バンコク観光のおすすめスポットはここ!2018年度版

更新日:

海外旅行、行ってみたいですよね。

しかし、海外旅行の初心者は
いきなり遠くに行くというのも大変かもしれません。

そこで、日本から近いアジアに行ってみるというのはどうでしょうか?

しかし、アジアといっても日本とは違っても
やはり海外はなにかと物騒なこともありますから、
強盗などには注意してください。

アジアにもいろいろな国がありますが、
タイのバンコクは観光スポットが多い国です。

初心者はまずここ!バンコク観光スポット5選

そこで、タイのバンコクの観光スポットを5つ
ご紹介してみましょう。

ワット・アルン

バンコクのチャオプラヤ川の先にある
大変美しい仏塔が「ワット・アルン」です。

なかでも有名な5基の仏塔が色とりどりで、
三島由紀夫の「暁の寺」という作品の舞台としても
登場しています。

チャオプラヤ川の川沿いにあるその美しい姿は、
バンコクの代表的な風景とも言われています。

日本で言えば富士山のようなものでしょうか?

また、この寺院はタイの10バーツ硬貨にも描かれています。

ワット・ポー

バンコクと言えばやはり寺院を思い浮かべる人が
多いのではないでしょうか?

外国人の人が日本を訪れると神社に行くように、
やはりバンコクに来たら寺院に訪れたいですよね。

ワット・ポーはアユタヤ時代からある寺院の建物を
現在に再建した寺院であり、
医学・芸術などの学問所としても機能していました。

寺院にはタイ式マッサージ学校もあります。
しかし、ワット・ポーといえばやはり「黄金の涅槃仏」です 。

涅槃仏の顔の実物は、目前にすると迫力と美しさに感動できます。
また、礼拝堂を彩る天井の模様・壁画も美しいですよ。

ワット・プラケオ

この寺院は、タイ王室の方々も参拝される、
タイ王国の最高寺院です。

タイに住んでいる人ですら、
死ぬまでに一度は訪れたいというほどの寺院で、
格式・由緒ある寺院ですが僧侶さんはいません。

また、本堂にエメラルド仏を安置しています。

1784年にビルマ軍に備えてラーマ1世が
トンブリー~クルンテープ・マハナコーンに

王朝を移されたのと同じくして、
当時の最高級の建築技術を利用して建設された寺院です。

バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター

バンコクの最先端なアートが鑑賞できるのが、
このバンコク・アート・アンド・カルチャー・センターです。

入場料は無料で、内装は雑多な印象があるアジアとはうって変わって
とってもおしゃれになっています。

バンコクのアートが好きなら、ぜひおすすめしたい美術館です。

カオサンロード

 

バンコクのカオサンロードもまた、
いかにもアジアやタイという感じの熱気がある繁華街です。

バックパッカーの聖地であり、
タイで欧米の人が最も多い場所なので英語も通じる店が多くあります。

タイの若者にとっては、日本の原宿のようなところなんだそうです。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-タイ

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.