タイ

タイの現地採用の現実【バンコク勤務経験者から見て】

更新日:

タイに移住したい人は、定年後のリタイアした高齢者の方でない場合、
タイで働くということも考えるところでしょう。

ここでは現地採用などの、タイでの仕事事情を解説してみましょう。

タイでは、日本より仕事が緩そうというイメージを持っている人も
いるかもしれませんが、「全くそんなことはない」のです。

仕事というのはどこの国でも大変なものなので、
考えてみれば当然ですよね。

しかし、日本人だからという理由のみで給料が良くなるような場合もあります。
でも、甘くはありません。

日本人は高い給料をもらっているということをタイの人は知っているので、
そのタイの人よりも働いているということを見せないといけないからです。

残業なども嫌がらずにこなさないといけないでしょう。
タイの人の多くは、やはり日本人のイメージとして「働き者でまじめ」
というイメージがあるので、怠けていると驚かれてしまい、
信頼を失ってしまうでしょう。

タイでの現地採用について。

タイで日本人が現地採用されるのは、
内定自体についてはそれほど難しくはないでしょう。

タイで就職活動をして働き口を見つけられなかったという人も、
ほとんどいないようです。

ということで、タイでは現地採用されるのは簡単かもしれませんが、
問題はその後についてです。

タイでの就職活動

日本の就職活動よりも簡単で、
これはタイに移住したい若い人にとっては嬉しいことでしょう。

タイで働き先を見つけ、新しい国や環境、人間と生活していくことになり、
フレッシュな気持ちで仕事が始められるでしょう。

ところが、数ヶ月か1年くらい続けると、
将来の不安や生活の不満などが出てくることも多いようです。

上記のように、残業や土日出勤など、
日本と同じくらい働かないといけないためです。

そのため、タイで現地採用されて働くことになった日本人は、
3年の内に帰国する人がほとんどなんだそうです。

3年以上働く人は、タイ人と結婚することになった人が多いです。

現地採用の給料は?

現地採用されてタイで働くことになった日本人の不安とは、
タイの物価が上がっていて給料のことが心配だったり、
帰国したときに評価してもらえるかという不安なんだそうです。

給料の不安については、
タイで暮らしていけば将来の生活は厳しくなるかもしれません。

昔と違って、タイでの現地採用ではいい暮らしはできない
と思っておいたほうがよいようです。

日本に帰国して、企業にタイで働いていたことが評価されるのかというと、
現状ではタイに進出している企業など以外では評価されないでしょう。

しかし、日系企業がタイに進出していることが増えているので、
これからはそういった企業では評価されるかもしれませんね☆

タイで働く上で大切なこと

タイの仕事事情では、このようなことがありますが、
大切なのは自分がどうなりたいのかという気持ちです。

日本で働いていても不安はあるわけで、とにかくタイが好きで、
移住したい・働きたいという人は
チャレンジしてみるのもいいのではいでしょうか。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-タイ

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.