タイ

タイへの移住手続きは簡単か?

更新日:

タイへの移住手続きは簡単か?

タイに旅行に行く人も増えているが、
タイに移住したいと考えている人も
増えている。

 

タイに移住するのは、日本からも近くて、
アジア人なので安心感があるという
ことも理由のひとつだろう。

タイの物価はどうか?

日本に比べれば
物価も安いというのも大きい。

日本に住んでいると「物価が高いな」と
感じることはないだろうか?

最近は消費税も大きくなって
馬鹿にならない。

タイではちょっとしたきれいな部屋に住んでも、
月に10万円もあれば良い場所に住める。

あと、タイは食事が安くて
日本人の口に合った美味しいものが
多いのも魅力的だ。

タイでは、日本円で85円くらいの30バーツで
屋台などで美味しい食べ物が売られている。

それから、もしもタイ料理が苦手でも、
タイには日本料理屋もたくさんあるから安心。

ビザの手続き

タイに移住するときは「ビザ」が必要となる。
ビザには観光や労働などの、多くのビザがある。

タイに移住するときは
「50歳」がキーワードになります。

なぜ「50歳」なのかというと、
50歳以上でタイの銀行に日本円にして約220万円、
80万バーツのお金を預金していれば、

ロングステイビザ
(期間は1年間で以降は1年毎に延長・更新する)を
取得することができるためだ。

ということで、50歳以上で220万円ほどのお金を
持っている方にとっては、
タイ移住のビザの所得は簡単だ。

50歳以上でセカンドライフはタイでのんびり
過ごそうと考えている人には
最適なはずだ。

ビザの取得方法は、日本のタイ大使館に行って
書類などを提出する方法があるが、
これは現在困難となっている。

 

ビザランとは?

次に、タイに入国して取得する
「ビザラン」システムというものがあり、

ツアー会社がビザを取得する方法を
作ってくれるというもので、

タイ近隣にミニバスで移動して出国して、
そこにあるタイの大使館でビザを取得する方法だ。

これは旅行会社のツアーなので安心、
しかし、旅行会社にもいろいろあるので
選ぶ際は注意が必要。

永住ビザとは?

タイの「永住ビザ」は、
タイ人と結婚して3年以上の方が取得できるが、

結婚も多くの手続きが必要となり、
毎年地域のイミグレーションオフィスというところで
更新手続きが必要となる。

また、ビザを取得した人は
「90日レポート」
というものを提出する規則があり、

イミグレーションオフィスで90日ごとに
現在の住まいを報告しないといけない。

これを忘れれば罰金、
または強制退去にもなるかも知れないので
注意が必要。

用紙は各オフィスにあるので
それに記入するだけだ。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-タイ

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.