タイ

タイの水かけ祭り、「ソンクラーン」がすごいんです!

更新日:

タイの水かけ祭り、「ソンクラーン」とは?

すっかりハロウィーンのイベントが
東京では定着した感がありますね。

これ日本でやったら、はやるんじゃない!?
というイベントがもう1つあります。

それが水かけ祭り、「ソンクラーン」。

世界には古今東西、いろんな祭りがあります。

ちなみに「祭」とは、感謝・祈り・慰霊のために、
神様・仏様や祖先をまつる行為・儀式です。

供物やその他などが捧げられます。

タイにも祭りがありますが、「水かけ祭り」は
特に変わっています。

タイの水かけ祭りは「ソンクラーン」といって、
この言葉はタイの旧正月のことで、
タイの旧暦であるチャントラカティの新年です。

現在のソンクラーンはタイ政府によって
4月13日~4月15日に定められていて、
祝日になっています。

ソンクラーンの前後の10日間ほどはテーサカーンソンクラーン、
「ソンクラーン期間」といい、祭典が行われることもあります。

もとは新年のお祝いで、
帰郷の時期に家族が集って仏像のお清めをしたり、

年輩の方のお清めをする期間でしたが、
その後にただの水のかけ合いになり、
今ではより祭りという傾向が強くなりました。

このような経緯があるので、
日本では「タイの水かけ祭り」と呼ばれているのです。

家族がそろって旅行することも多く、
この時期のタイの交通・宿泊施設は混雑が予想されます。

そのかわり商店などは人が少なくなる傾向があります。

この時期はもっとも暑い時期であり、
タイと言えばもちろん暑い国というイメージがあるので、
特に若い人にとっては「水かけ祭り」という認識があります。

いよいよその「水かけ」についてなんですが、
水をかけるのは手だけでなく、
なんと水鉄砲なども使われるそうです。

他にもホースや、トラックのピックアップの上に
水が入ったドラム缶を載せ、
辺りの人たちに水をかけまくるということもあります!

このように説明すると、とにかくすごい祭りですよね!
一度動画サイトで検索してみてください。その様子がわかるでしょう。

とにかく水鉄砲を持って撃ち合ったりして無礼講な感じですが、
やはり若い人が中心ですね。

その中でもとくに派手なのがタイの北部のチェンマイの
水かけ祭りと言われています。

しかし、この祭りの問題点もあります。

酒気帯び運転が多くなったり、車やバイクにも水をかけるので
事故になることもあったりして、
政府も検問所や速度の低減を呼びかけています。

しかし、夏の暑い時期は本当に暑くて大変なので、
こんなお祭りもあるといいなと思いませんか?

ヒートアイランド現象に効果があるかもしれませんね!

日本でもソンクラーン!?

と思ったら、
日本もタイのこのお祭りのイベントがあるそうです。

2011年から、日本の代々木公園で「ソンクランフェスティバル」
というイベントが開かれています。

このイベントは在京タイ王国大使館が主催している
「タイ・フェスティバル」の一部で、
ソンクランだけでなくタイについての文化を紹介する
イベントでもあるのです。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-タイ

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.