タイ

タイの現地採用のお給料は?働く時の注意点は?

更新日:

タイの現地採用のお給料は?

タイの現地採用で働きたいと思っている人は、
やはり給料がいくらになるのかが気になりますね。

タイで働くと、たいていは日本よりも給料が下がるのが普通です。

年齢別では20代が日本円で17万~20万ぐらいの5万~6万バーツ、
30代が日本円で17万~27万くらいの5万~8万バーツ、
40代は日本円で21万円の7万バーツからとなっています。

また、ポジションでいえばスタッフの場合が5万~6万バーツ、
マネージャーが6万~8万バーツという感じです。

それに加えてタイ語ができると日本円で3万程度の1万バーツ、
エンジニアのような技能も同じく1万バーツ(さらに良い資格ならこの10倍のことも)、
タイで働いた経験が2年から5年あれば1万バーツ加算されることがあります。

ちなみに英語ができても給料はプラスされないそうです。

日本人がタイで働くときは、ビジネスビザのBビザと
ワークパーミットの2つが必要になります。

タイ人の働き口のためにも、外国人のよくない人に働いてもらうわけ
にはいかないからです。

実際に飲食店で働いている人もいるみたいですが、
もしBビザやワークパーミッションがないまま働くと、
罰金3000バーツと国外追放されることがあるので気をつけましょう。

ボーナスは、日本企業では年に1.2回出るようです。

その他の交通費・家賃補助・健康診断などは
支給されない会社もあったり、一部支給の会社もありで、
月収として含まれることもあるので確認しておきましょう。

タイの現地採用で働くときのポイントとは?

タイで現地採用されて働くとき、
大事なポイントとなることをお教えします。

それは「タイの文化を理解する」ということです。

これはつまり「郷に入れば郷に従え」ということです。
たとえばタイで働いていて、業績的に良い成績を出していたとしても、
上司のタイ人から評価されないことが、ローカル企業であったりします。

これは、日本人が「まじめすぎる」ということで
タイの人からするとちょっと違うと思うらしいのです。

しばらくタイで働いて、日本に帰国した後に日本企業で働いたときに、
ものすごい息苦しさを僕も感じました。

タイ人というのはもっとゆるく仕事をしたいと考えている人が
多いようです。

 

たとえばタイでは約束・規則を守らなくて普通
という感じがあり、当然日本とは違ってきます。

ですので、タイでタイ人と働いてまじめにやっていると、
結果的にはうまくいかないということもあります。

タイで働くというのは完全にアウェイな環境
ということをわかっていないといけないという
ことです。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-タイ

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.