仮想通貨研究部

お金の歴史を簡単に解説!今話題の仮想通貨とは?

更新日:

普段僕たちが使っている「お金」
そして、昨年彗星のごとく突如として現れた新しいお金、「仮想通貨」。

僕たちのお金は今後どうなっていくのか?
そんな疑問に答えるために、今日は「お金の歴史」を
紐解いてみたい。

 

お金の第1世代、第2世代

お金という概念がまだ誕生していなかった時、
僕らの先祖は「物々交換」で経済が成り立っていた。

しかし、私が欲しいものとあなたの欲しいものは
必ずしも一致しない。

自分は魚を持っている、今その魚を野菜と交換したい。
しかし、常に野菜を持っている人が自分の近くにいるとは限らない。
そこで「金」を使った交換が始まった。

この金を使った取引の時代を、お金の第1世代と呼ぼう。

世界でもプール1つ分しかないと言われる「金」
その金と物とを交換する時代である。

しかし、「小銭だけで生活するのは不便だ」
「重たい金をいつも持ち運ぶのは不便だ」

そこで誕生したのが紙幣、持ち運びが簡単。
これが紙幣制度の始まりである。

お金の第2世代と呼んでみよう。
しかし、この紙幣制度には大きな欠点がある。

貨幣経済の欠点

国民はお給料などで得たお金を銀行に預ける。
銀行はそれを企業などに貸し出す。

しかしこの時、実際にお金の紙幣が銀行から企業に移動している
かといえば、そうでは無い。
実際は、企業の通帳のお金が「記帳されるだけ」なのだ。

これを「信用創造」というが、現在銀行は、
預金の9倍まで貸し出して良いことになっている。

これは普通に考えるとすごい(恐ろしい)ことでは
ないだろうか?

実際は持っていないお金が、
信用創造によってお金の流通量がどんどん膨れあがる。

2013年から18年までの間にお金の流通量は、
6倍にまで増えたというデータもある。

現在、僕たちが普段使っている貨幣は、
「不換紙幣」といい、その価値は中央銀行にコントロールされている。

貨幣経済の2つ目の欠点、それが偽札問題である。

今はATMから偽札が出てくる時代だ。
しかも精巧に作られていて、プロであっても見分けるのが
困難といわれる。

ドル・元・ユーロで偽札は特に多く出回っていて、
テロの温床にも繋がっている。

お金の第3世代

ここまで見てくるくると、仮想通貨というのが、
これまでのお金の問題点を解決するために生まれた、
必然の産物のように思えてくるのは僕だけだろうか?

年々精巧さを増す偽札問題、
お金をジャブジャブ刷り放題やってきてしまった、
世界各国の中央銀行、

借金まみれでいよいよ首が回らなくなってきた先進国。

一方の仮想通貨。
正しくは暗号通貨、「暗号化された通貨」と呼ばれる。
ブロックチェーン技術に乗ったデジタル通貨である。

暗号通貨と「金」には、似た特徴がある。
暗号通貨と金は、管理者や発行主体がなく、
発行枚数や上限が決まっている。

暗号通貨と金の価格推移も非常に似ている
中央銀行にも価値をコントロールされない通貨。

今まで僕らの使ってきたアナログ通貨から、
暗号化されたデジタル通貨(仮想通貨)に変っていくのは、
ごく自然な流れのように見えるのは僕だけだろうか?

 

==================================

Overbit取引所】取引手数料が無料!

世界初のオールインワンプラットフォーム、【Overbit】。暗号通貨の売買だけではなく、「為替取引」「世界中の株式の売買」「金や銀などの商品指数」、「先物」などの売買も可能。

登録するだけで0.01ビットコイン(BTC)を無料プレゼント!
(2019.1 時点で4,000円相当)

⇒ https://accounts.overbit.com/?a=emznar

 

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-仮想通貨研究部

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.