仮想通貨研究部

暗号通貨(仮想通貨)とは?初心者でも分かるように解説!

更新日:

仮想通貨(暗号通貨)って、一体なに?

最近、「仮想通貨」や「暗号通貨」という言葉を頻繁に聞くようになった。

暗号通貨とは、

暗号によって取引を安全に行ったり、
新しい発行のコントロールをする、
ブロックチェーン技術に紐付いた通貨や技術

のことを言う。

暗号通貨は、2008年にソフトウェア開発者の

ナカモトサトシ

が論文を発表したのがはじまりだ。

翌年の2009年にはナカモトサトシによる暗号通貨のプログラムの実装、
同じ年に、初の分散化した暗号通貨である
「ビットコイン」が登場した。

2011年にはあの「TIME」がビットコインを紹介し、
ここから一気にこの暗号通貨の知名度が上がっていった。

「TIME」といえばアメリカの世界的なニュース雑誌なので
当然といえば当然だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗号通貨は、「ビットコイン」に代表されるように、
中央銀行の影響を受けずに、これまでの経済の課題を解決できる経済圏として、
新たに注目を集めている。

ブロックチェーンとは何か?

暗号通貨(仮想通貨)とは、ブロックチェーン技術に紐付いた、
暗号化された通貨や技術をいう。

ここで少しブロックチェーンの解説をしておきたい。
このブロックチェーンを理解しないと、
なぜ仮想通貨が革命的なのかが分からない。

ブロックチェーンとは、全ての取引を
たくさんのコンピューターに記録している、
台帳のようなものだ。

「ブロック」とは「取引記録のかたまり」である。

過去から現在まで、その取引履歴が鎖のように繋がっていることから、
「ブロックチェーン」と呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

 

このブロックチェーンは誰でも見ることが出来る。
銀行の台帳は、誰でも見られないはずである。

銀行と預金者しか確認できない。
つまり、銀行を信用しているから、銀行は悪いことはしないだろう
という信用で成り立っているわけだ。

ブロックチェーンの場合は、
複数の分散されたコンピューターが、
それが正しい取引か、チェックし合っている。

これがブロックチェーンは安全と言われる点である。
実は今まで一度も改ざんされたことが無い。

何か不正な取引が行なわれようとすると、
すぐに分かってしまう。

まとめ

・暗号通貨(仮想通貨)とは、ブロックチェーン技術に紐付いた、
 暗号化された通貨や技術をいう。

・暗号通貨は、2008年にソフトウェア開発者のナカモトサトシ氏が
 論文を発表したのがはじまり。

・暗号通貨は、「ビットコイン」に代表されるように、
 中央銀行の影響を受けずに、これまでの経済の課題を解決できる
 新たな経済圏として、今注目を集めている。

・過去から現在まで、その取引履歴が鎖のように繋がっていることから、
「ブロックチェーン」と呼ばれる。

・ブロックチェーンは安全、
 実は今まで一度も改ざんされたことが無い。

次の記事で、【仮想通貨の歴史】を見ていきます。

 

==========

仮想通貨取引所【Overbit】、取引手数料が無料!

世界初!ビットコインでレバレッジを掛けて世界中の金融商品を取引が出来る。登録するだけで0.01ビットコイン(BTC)を無料プレゼント! (2019.1 時点で4,000円相当)

登録はこちら⇒     https://accounts.overbit.com/?a=emznar

==========

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-仮想通貨研究部

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.