カンボジア 世界を旅した軌跡

【オススメ】カンボジアの田舎町「カンポット」の魅力を紹介!

更新日:

カンボジア人の友人から、2019年の年始に会わないかということで、カンボジアに行ってきました。現在僕はバンコクに既に移住しましたが、バンコクの良い所は、タイ周辺の魅力的な国へのアクセスが抜群に良い点です。

 

しかも「Air Asia」 や「Thai Smile」などのLCCも充実しているので、1万円以内かつ1時間以内で行けてしまいます。カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、この辺りはタイの地方都市に行く気軽さで、行けてしまいますね。

 

さて、以前僕はカンボジアで2年働いていたこともあり、カンボジアの有名どころは既に行き尽くしていました。

こういう時は、現地人であるカンボジア人の友人に聞くのが一番!ということで、「カンボジアのどこに旅行に行くと面白い?」と聞いたところ、

「『カンポット』と『ロンサレム島』がいい、距離もそんなに離れていないのでまとめて2箇所行けるよ。」

とのことで、早速行ってきました。まずはカンポットの魅力から書いてみたいと思います。

 

カンポットへの行き方  

カンポットはカンボジア南部の州にあります。今回はプノンペンの空港から、タクシーを片道$60でチャーターして行きました。

プノンペンから車で走ること約3時間半、到着です。空港を出発したのが夕方だったため、渋滞に巻き込まれました。この時間帯は要注意です。

 

カンポットの魅力

カンポットの魅力、それは観光地感とローカル感の両方を楽しめる所ではないでしょうか。街自体はこじんまりとしています。

 

カンポットはドリアンの産地としても有名です。1kgは$3-5 程度です。トゥクトゥクに乗りながが撮った写真が下。

 

おしゃれカフェや美味しいレストランも、リバーサイドにたくさんあります。カンポットのレストランでおすすめは、Fish Marketというカンボジアレストラン

もともと魚市場だったそうです。土日は生バンドも聞けるのでお勧め、値段も比較的リーズナブルです。

 

カンポットといえばカンポットペッパー(胡椒)も名産です。シーフードの生胡椒炒めもおいしかったです。 

 

カンポットで観光

カンポットの市内からトゥクトゥクをチャーター。1日乗り回して$40でした。向かった先は、フランス植民地時代から避暑地として使われていたボーコー山へカンポットの市内からトゥクトゥク に乗ること30分。

 

 

 Sampov Pram Pagoda

カンポットの市内からトゥクトゥク で30分丘の上にあるクメール仏教のお寺。心も体も清め、2019年も目標達成を誓います。クメール人もタイ人同様に信仰心が厚いです。

 

見て下さい、この素晴らしい眺め。お寺の裏側に広がるこの広大な景色、時代がタイムスリップしたかのようです。

当時のクメール王朝の王様は、この広大な土地の前で、どんな絵を描いていたのだろう。もし自分がこの時代の王様だったらどんな絵を描き、国民を導くだろうか、、、、

 

Le Bokor Palace

Sampov Pram Pagodaの近くにあるLe Bokor Palaceという5つ星ホテル。カフェで一息。

 

 

日本人にとっては、カンポットはマイナーな田舎町ですが、穏やかな町の雰囲気、山や川などの自然がすぐ近くにある感じが大好きです。カンボジアの有名どころは既に行き尽くしたという方は、一度訪問してみて下さい。

 

そして、カンポットで2泊してから向かった先は、シハヌークビルの先にある秘島です。

次の記事へ:【穴場】カンボジアのオススメビーチ!ロンサレム島の魅力

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-カンボジア, 世界を旅した軌跡

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.