カンボジア 世界を旅した軌跡

【カンボジア穴場】おすすめ観光地!実際に行ってみて

更新日:

 

 こうしてカンボジアの穴場スポットである、カンポットとロンサレム島での旅行が終わりました。2019年という新しい年の年初に行けて幸せです。前回の記事はこちら。

【オススメ】カンボジアの田舎町「カンポット」の魅力を紹介!

 【穴場】カンボジアのオススメビーチ!ロンサレム島の魅力

改めてカンボジアの魅力を考察

カンボジアは人口が1,500万と日本よりもはるかに小さい国です。カンボジアというと、シェムリアップのアンコールワット遺跡や、ポルポトによる大量虐殺、地雷、貧困などのイメージが強いかと思います。

 

でも実際にカンボジアで2年間働いたことがあるが、カンボジア人はたくましいし、純粋な方が多い。ロンサレム島のように、開発が進んでしまった先進国にはないエメラルドグリーの海や離島、自然がまだ残っている。

これら資源をカンボジア人は誇りに思ってもらいたい。

 

中国の開発が進むシハヌークビル

カンポットからロンサレム島へ行く途中に、カンボジアの漁村シハヌークビルという街にまず行く必要があります。元々ビーチとして有名であり、一度行ってみたいなと思っていました。

しかし、カンボジア人の友人に「シハヌークビルも行ってみたいのだけど楽しいか?」と聞いた所、「あそこはやめた方がいい。中国人が最近増えすぎて、クメール人はもう行かなくなってしまった。」とのことでした。

 実際に行ってみると、

シハヌークビルは今中国の大量資本が投下中。街の至る所が中国語だらけになっていました。走る車も、9割が建設関係のクレーンや大型車ばかり。

街全体がマンション、コンドミニアム、ショッピングモール、カジノになっていっているようです。元々ここに住んでいたクメール住民は、他の地域に引っ越しし始めているようです。

日本の若者は特に、実際に世界に出て行って、世界の現状を自分の目で見て欲しい気持ちでいっぱいです。世界のパワーバランスは、今大きく変わろうとしています。

「会社が守ってくれる」「国が守ってくれる」、、、、、、その常識は本当でしょうか?弱肉強食の世界に放り出された時に、生き残れる自分でなければならないと強く感じます。

 

カンボジア旅行を終えて

カンボジアのロンサレム島は、「海辺で読書する」、「レストランでパソコン使って仕事する」、「息抜きに海で泳ぐ」、「綺麗なサンセットを見る」、「海を見ながら贅沢にシーフードを頂く」、「欧米人のように海辺で寝転び日焼けする。」

こんな「何もしないことの幸せ」、「機械音のしない自然の音、匂い、風を肌で感じる」そんな楽しみ方が出来る離島でした。

何年後かに来た時に、いまのまま開発の進んでいない離島であることを祈ります。観光地化されたリゾート地もいいですが、やっぱり自然がそのままで残っている美しい海、空、島は最高です。

離島好きな人は今のうちに是非訪問を。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-カンボジア, 世界を旅した軌跡

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.