マインドセット 不自由だった頃の僕

一般人の常識は、大富豪の非常識?

投稿日:

僕は小さい時から「変わり者」

 僕は、日本の「普通の人」から見たら「変人」だと思う。

小さい時からそう思っていた。

 

「右向け~右!!」と言われると、左を向いているような子どもだった。

常識な人から見たら「非常識」な人間。

 

しかし、この「非常識」という言葉、こんな使われ方もする。

「日本は世界から見たら非常識」
「成功者の常識は一般人の非常識」
「非常識な成功法則」

 

僕は今、幸いにも師匠と頻繁に会う機会が持てている。
その師匠と同じ空気を吸えば吸うほど、
いかにサラリーマン社会が非常識か、身を持って感じる。

 

中学生大リーガーの誕生!?

 僕は小さい時から、人と同じことが嫌いで、
学校や社会の暗黙の了解、「右へ習へ」の規則が嫌いだった。

 

常に人と同じことをしたがる、人の目を気にする、
日本の学校コミュニティに居心地の悪さを感じていた。

 

中学生の時に僕は野球部だった。
みんな右打ちだから、自分は左打ちに自然となった。

そして打ち方は大リーガー的な打ち方をしていた。

 

大リーガー的な打ち方をした方が、
実はボールに効率的に力が伝わるので飛距離が出る。

今でこそ、日本の野球選手も個性的な打ち方の人もたくさん出てきて、
日本でも科学的にも認められ始めてきている。

 

当時の左の強打者、「ケン・グリッフィーJr」や「バリー・ボンズ」の
左脇を開けた構え、ホームランを打った後の打球を見送る威風堂々さ、
しょっちゅうマネをしていた。

 

https://youtu.be/vf1FUhWx0c0

そして、日本の学生野球では当時タブーとされていた、マシーンを使った筋トレ。
そんなの関係ないとばかりに、僕は週3回ジムに通い、中学生離れした肉体を手に入れた。

 

非常識な先生との出逢い

 そんな右向け左で日本の学校・社会に馴染めなかった僕だが、
ある非常識な先生との出逢いがあった。

 

それは、アメリカで暮らしたことがあり、大リーグ好きだった
「英語の先生」 だ。

 

僕はそれまで学校で教わっていた、「日本式」の英語の授業に
全く興味が無かった。

発音教えてくれる英語の先生もいなければ、
海外の文化、慣習を教えてくれる先生もいなかった。

 

中学で出逢ったその先生だけは別だった。
アメリカで生活した経験があったことから、
アメリカ人並みの発音、メジャーリーグ大好き。

 

意気投合するのに時間はかからなかった。

 

今思えば、その先生もまた
学内の先生とは上手く溶け込めなかったことだろう。

でも僕はそんな個性的な英語の先生が好きだった。

 

自分の人生を振り返っても、
そんな個性的な人や、一見ちょっと変っている人と、
気が合うことが多かった気がする。

 

そして、この先生との出逢いが、「いつか自分も世界を見たい!
こんな変った自分が、活き活きと生きていける世界があるはずだ!」
という気持ちムクムクと大きくなっていったのだ。

 

僕が今大好きなタイを拠点に、東南アジアで生活している原点はここにあった。

【無料レポート】
さあ、経済的自由を達成しよう

15歳で家出をした少年は、なぜ働かずに欲しいもの全てを、180日間で手に入れることが出来たのか?富と成功と幸せを確実に手に入れるエッセンスが詰まった、感動の物語。

○感謝されながら豊かになるには?
○成功者の思考回路を、完全インストールするには?
○真の健康体を手にする、肉体の進化方法とは?

あなたの“豊かさ”を決める「お金の設計図」が、今明らかになります。

【無料レポート】
ダウンロードはこちら

 

【仲間募集中】海外移住成幸倶楽部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
ゆーちん@バンコク

ゆーちん@バンコク

元ブラックな証券会社で働く営業マン。逃げるように出かけたタイ旅行が、人生の転換点に。現在は大好きなタイを拠点に、「旅するように暮らし、暮らすように旅する」投資家⇒m.me/freeagentbkk

-マインドセット, 不自由だった頃の僕

Copyright© 仮想通貨でリタイ屋 , 2019 All Rights Reserved.